いびきサプリの正しい選び方

いびきサプリの正しい選び方

いびきサプリはそもそも他のサプリメントに比べると比較的種類は少ない方です。
しかし、やはりそうはいっても数社から選ぶ時に何を基準に選べばいいのか悩みますよね。
そこで、いびきサプリの正しい選び方をご紹介いたします。

 

コエンザイムQ10が含まれているかどうか

スムーズな空気の流れをケアする唯一の素材がコエンザイムQ10と言われています。
いびきサプリを選ぶ際はコエンザイムQ10が含まれているものを積極的に選ぶといいと思います。
さらに、コエンザイムQ10の中でも「還元型」と言われるものはムダなく吸収されるのでオススメです。

 

服用している薬と一緒に飲めるか

例えばよく頭痛薬を使用する方などは、サプリメントと一緒に飲めないとなると頭が痛い時に我慢しなければならないようなつらい思いをすることになります。
病院で出された薬だけでなく、市販薬とも相性が悪いサプリメントを選んでしまうと、毎日飲み続けることができなくなってしまいます。普段薬を飲まない人も、サプリメントを選ぶ際は念のため薬と併用して飲むことが可能かどうか確認しておきましょう。

 

返品可能かどうか

これは他2つのポイントに比べたらそれほど重要ではないですが、もし何日間かの返品が可能であればそちらのサプリメントをオススメします。
いびきサプリですぐに効果を実感するのは正直難しいと思います。
最低でも1ヶ月以上は飲み続けないと、実際に効果があるかどうか判断するのは難しいでしょう。
返品はほとんどの場合1週間〜10日、長くて1ヶ月程度だと思います。
今回の返品は、万が一飲んでいて味が好みじゃなかったり、アレルギー反応が出てしまったりなど、継続して飲み続けられないような状態になった場合の対策です。
アレルギー体質の方は、返品対象のサプリを選んだ方が無難でしょう。

 

いびきサプリを選ぶ時に重要なのは、「継続して飲み続けられるどうか」という点です。
これはいびきサプリに限らず、どんなサプリメントを選ぶ時にも言えることです。
匂い、形状、味、そして価格と、最低でも3ヶ月〜半年は継続できるようなサプリメントを選ぶことが重要です。
高価なサプリメントでも、継続が大変ではあまり意味がありません。
そのあたりも含めて、納得がいくまでしっかり検討することが大切です。

 

↓↓最安値販売店↓↓

http://www.fromcocoro.com/ibuki/

 

いびきに有効なサプリの成分

いぶきの実サプリに含まれているいびき成分の中で重要なのはコエンザイムQ10でした。
このコエンザイムQ10は他のサプリにもほぼ使用されている、いびき対策には非常に重要な成分です。
でもそれだけならわざわざいびきサプリを飲まなくても「コエンザイムQ10」を飲めばいいのでは?と思ってしまいますよね。
いびきに有効な成分は、コエンザイムQ10だけでなく他にもいくつかあります。

 

えごま油

コエンザイムQ10の働きを持続させる効果を持っているのが「えごま油」
いびきサプリを選ぶ上で二番目に重要な成分です。
えごま油には、特にコエンザイムQ10と相性のいいビタミンEも含まれており、コエンザイムの欠点を補ってくれるといわれています。

 

発酵ギャバ濃縮

いびきや歯ぎしりの原因の一つである「イライラ」
ギャバには癒しのハーブと言われており、いびきの大敵であるイライラに有効です。

 

ラフマエキス

「こころのビタミン」ともいわれているラフマ。ギャバとの相性抜群なので、相乗効果でイライラに対抗できる健康なカラダを作ります。

 

イミダペプチド

疲労回復で人気のイミダペプチド。朝のさわやかな目覚めをサポートしてくれます。
朝スッキリ目覚めることで、睡眠の質がアップします。

 

全ての成分が含まれている必要はありませんが、ひとつでも多く含まれていた方がサプリメントとしての質が高いということになりますね。
いびきサプリで最も重要なのはコエンザイムQ10ですが、この成分の効果をより高めてくれる成分が一緒に含まれていた方が、吸収力や持続力がアップするため、よりいびき対策に効果的であるということになります。

 

↓↓最安値販売店↓↓

http://www.fromcocoro.com/ibuki/

 

サプリと同時に取り組みむいびき対策

サプリメントを飲んでいるからいずれ良くなる、というのもいいのですが、少しでも効果をアップし、早めに安眠できるよう日ごろから心がけられるいびき対策をご紹介します。

 

ダイエット

いびきの物理的な原因としては気管が狭くなるということが挙げられます。
特に肥満になると首の周りに肉がついてしまうため、さらに気道が圧迫されいびきが悪化することがあります。
ダイエットを心掛けて少しでも首回りの脂肪を落とすことで、いびきをこれ以上悪化させない対策にもなるでしょう。
ただし、あまり過度なダイエットでストレスを与えてしまうと、それもまた逆にいびきや歯ぎしりを悪化させることにもなりますので、負担の少ない方法で行いましょう。

 

寝具を見直す

枕が高すぎたり低すぎたりすると、寝ている時に気道が狭くなるためいびきが悪化します。
まずは今寝ている枕やマットレスが体に合っているかどうかチェックしてみましょう。
特に、枕が高すぎるとやや下向き気味に仰向けになる状態になるので気道が圧迫されます。
理想は、寝ている状態でもたっているときと同じような姿勢を保つことができるような角度がベストです。
自分で調整するのfが難しい場合は、オリジナル枕の販売店などで理想の枕の高さを図ってもらうこともできますので、ぜひ一度試してみてください。

 

就寝前にリラックスを心がける

就寝する前に、アルコールやカフェインなど脳を覚醒させるようなものを摂取しないように心がけましょう。
アルコールにはリラックス効果もありますが、飲みすぎると睡眠の質が落ちてしまい、いびきの原因につながります。
就寝前はカフェインなども控えて、リラックスして備えましょう。

 

↓↓最安値販売店↓↓

http://www.fromcocoro.com/ibuki/